民事事件と刑事事件の違い

民事事件と刑事事件は一般の方が思っている以上に大きな違いがあります。

民事事件を扱う裁判は,民事訴訟と呼ばれます。民事訴訟は,私人と私人の争いです。例えば、お金を貸したから返してくれとか、自分の土地を不法占拠しているからどいてほしいなど、私人が私人に対して請求する場合を指します。

私人間の争いですから、本人が事実を認めればその事実があったものと考えて裁判が進んでいきます。つまり、お互いが認めている事実については、証拠によらず認定することができるのです。私人同士がそれでいいと言っているのに、裁判所が違う判断をする理由がないからです。

また、被告が裁判所からの呼び出し状を受け取ったにもかかわらず、答弁書も出さなかった場合には、1回目の裁判の際に、欠席裁判となり、原告の主張がすべて認められることとなります。

つまり、民事訴訟では、本当はどうだったのか、ということはあまり問題にならないのです。

これに対し、刑事訴訟は、検察官が、国家権力の下で私人を処罰することを請求する手続きになります。

人の人生を左右する判断を下すものですから,仮に検察官と被告人が合意をしたとしても、裁判官は「真実は何か」をしっかりと考えて判断を下します。

たとえ、被告人がやったと認めていたとしても、そのことだけで事実認定をすることは許されていません。

「疑わしきは被告人の利益に」の言葉に代表されるように,検察官が請求した証拠を裁判官が読んだうえで、合理的な疑いを差し挟まない程度に有罪であると判断できたときにはじめて罪を認定することが許されています。

このように、民事と刑事の訴訟は、制度面で大きく異なります。

また,裁判の実態という点でも大きく異なります。刑事裁判の場合,場合によっては被告人の命を奪う結論を下すこともあるわけですから,法廷で,証拠をきちんと示していきます。

これに対し,民事裁判においては,事前に提出された証拠を当事者が「陳述します」というだけでその書類の内容が法廷で語られたという扱いになり,裁判が進行していきます。

民事裁判を傍聴した人が,弁護士や裁判官が何をやっているのか全く分からないままに手続きが進行していくということが往々にしてあります。

福島県の刑事事件でお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までご連絡ください。弊所では、福島県内の事件について、刑事事件特有の手続も含めて刑事事件・少年事件だけを専門に取り扱う弁護士による無料の法律相談を行っています。関係者が福島県で逮捕されてしまった場合でも、最短当日に、弁護士が直接留置場や拘置所へ出張面会してアドバイスする初回接見サービスもご用意しています。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー